トップページ > 外国人会社設立Q&A

会社設立のQ&Aメインイメージ

会社設立のQ&A

1.「外国人」の会社設立について

Q外国人が日本に会社を設立することはできますか?

Aはい、もちろん日本に会社を設立することはできます。基本的には外国人の方が日本で会社設立を行う場合、「日本の配偶者等」・「定住者」の在留資格のない方は、「投資・経営」の在留資格が必要となります。外国人登録がされているのであれば、即日、印鑑証明書を取得できます。会社の設立の登記後に、「投資・経営」等の在留資格を申請するケースが一般的です。

Q外国人は、日本法人の株主(発起人)となれますか?

Aもちろんです。ご安心ください。外国人について発起人となることを制限した規定はありませんので、外国人も発起人となることができます。外国人の場合、日本において法律行為をなした場合、本国法で能力を制限されていても、日本法で能力者である場合は、能力者とみなされるので、結局、日本の法律で判断することになります。

Q外国人が日本法人の発起人となる場合の必要書類は何ですか?

A面前署名・面前自認の場合、外国人の方は日本法人設立にあたって、本人確認資料として次のものが必要です。
[1]当該外国人が外国人登録原票に登録されていれば、印鑑登録が可能となりますので、印鑑登録証明書。
[2]その他にも、外国人登録証明書、運転免許証、旅券(パスポート)、当該国の駐日領事による署名証明書も証明資料とすることができます。運転免許証や旅券等の公的機関の写真付証明書については、外国の機関により発行されたものでも、公的機関の発行したものであることが確認できれば、外国人の方の本人確認資料として取り扱われます。

Q日本では外国人の取締役1人だけで株式会社を設立できますか?

Aはい、日本では取締役1人でも会社を設立することができます。取締役1名の場合、当該取締役は代表取締役になります。これまで代表取締役になる方のうち1名が日本の居住者であることが条件となっておりましたが、法律改正がありこの要件が変更となり緩和されました。ただし、新しい制度による会社設立についてもいくつかの条件があり、銀行口座の開設の関係で、場合によっては日本居住者が必要となる場合もあります。日本居住者の代表取締役について、詳しくお知りになりたい場合にはこちらをご覧下さい。

Q外国人が日本で会社を設立する際には必ずビザが必要ですか?

Aいいえ、必ずしもビザが必要ということではありません。普段は海外から遠隔で業務を行い、観光ビザを利用して年に数回のみ来日されるケースもあります。ただし、長期間日本で業務を行うとなりますとビザ申請が必要となります。

Q私は日本に長くおりますが国籍が日本ではないのですが、日本で会社を設立できますか?

Aはい、できます。日本の市区町村役所で印鑑証明書のとれる方であれば(もし、印鑑登録してない場合、印鑑登録できれば)、特に問題はありません。居住地が外国の場合は非居住者になります。これまで居住者である方が1名必要でしたが、法律の改正があり、外国人の方の会社設立の要件が緩和されました。詳しくは弊事務所までお問い合わせください。

Q株式会社の設立は日本非居住者のみでできることはわかりましたが、日本支店の設立の場合も非居住者のみで開設可能でしょうか?

A日本支店の場合は、株式会社でいう代表取締役のかわりとして、日本における代表者を選定します。代表取締役は非居住者のみでも良くなったのに対し、日本における代表者は必ず日本の居住者が1名必要となります。

2.資本金の払い込み・銀行口座について

Q私は外国人ですが日本での会社設立にあたって資本金はどれくらい必要でしょうか?
A日本では会社法の施行により最低資本金制度が廃止され、資本金は1円以上で任意に決められます。ただし0円とすることはできません。なお、外国人の方々は経営管理ビザ(投資経営ビザ)申請を目的として資本金最低500万円以上で登記される方が多いようです。資本金が500万円以上で日本の会社を設立すると経営管理ビザが取得できる形式要件を満たすこととなります。ちなみに資本金を設立時から1000万円以上とすると1期目から消費税の納税義務者となってしまうことから、1000万円未満とする会社が多いようです。

Q日本で会社を設立する場合、資本金はいつ払い込むのでしょうか?

A日本では資本金を振り込むのは公証人という役人に定款の認証を行ってもらった後になります。公証人が定款を認証する前に振り込んだお金は、原則として資本金とはみなしてくれませんので注意が必要です。

Q日本で会社を設立する場合、なぜ資本金を個人口座に振り込む必要があるのでしょうか?

A日本では資本金相当の金銭について法務局が確認を行うためにこのような振り込みが求められるのですが、日本では会社設立をする前の段階で法人名義の口座を開設することが不可能です。したがって、法人を設立しようとする発起人か代表取締役の個人口座に資本金を振り込む必要があります。

Q外国人の方の日本法人設立に協力して自分の通帳に資本金の入金があった場合、振り込まれた金額に対して所得税はかかるのでしょうか?

Aいいえ、あくまで資本金としての資金の振込なので所得税等の税金はかかりませんのでご安心下さい。

Q会社設立時に必要となるとのことなのですが、日本で非居住者の個人の銀行口座を開設することはできるのでしょうか?

A実は大変申し訳ないことに、この点については日本ではまだまだ難しいというのが現状です。ただし、ケースバイケースで開設ができる場合もございますので、弊事務所が懇意にしている銀行との個別相談となりますので一度ご相談ください。なお、この関係で日本居住者の代表取締役の名義が必要となる場合があります。この点について、詳しくお知りになりたい場合にはこちらをご覧下さい。

3.日本法人の本店所在地について

Q自宅を本店の所在地として日本の会社を設立登記しても問題ないですか?

A日本の会社を設立するうえで自宅を本店所在地としても問題ありません。ただし、そこがマンションやアパート等である場合は、賃貸契約書などに 「居住用のみ」 あるいは 「事業用として使用してはいけない」 などの記載がある場合には、原則的には禁止となりますので、管理人様等に相談してみましょう。ただし、各種ビザを取得する場合や、許認可が必要な事業を行う場合には自宅を所在地とはできない場合がありますのでその場合には弊事務所までご相談ください。

Q日本に会社を登記をするとき、会社の本店住所には、ビル名は入れなくてもいいのでしょうか?

Aはい、入れなくても大丈夫です。会社の本店がビルの一室にある場合、ビル名を入れるか否かは自由に決めることができます。例えば、日本に会社を設立する場合で、今後事業拡大が見込まれビルのフロア数を拡張する可能性がある場合にはビル名を入れないという選択が望ましいと思われます。

4.日本法人の会社名(商号)について

Q日本で設立する会社の社名(商号)については同一・類似のものは認められますか?

Aはい、可能です。ただし同じ住所に2つ同一社名の会社は設立することはできません。

Q日本では設立する会社名をローマ字で登記することは可能ですか?

Aはい、可能です。その他数字なども日本法人の会社名に利用可能です。

5.その他会社設立全般について

Q日本で会社を設立する場合、会社の印鑑は作らなくてはいけませんか?

Aはい、日本で会社を設立する場合には印鑑が必ず必要となります。日本で会社を設立される99%以上の方は専用の印鑑(主に3点セット)を作成されます。 会社の印鑑のうち「代表印」は法務局に実印として登録します。

Q日本支社(法人設立)と日本支店の設置のどちらがよいのでしょうか?具体的に税金のシュミレーションをするとどのくらいの差が出るのでしょうか?

Aこちら一概には申し上げることは難しいのですが、日本支店の場合には以下の2つの税金計算において、課税上不利に扱われます。
①法人住民税の均等割額
⇒本国の法人の資本金が大きい場合、少額の資本金の日本支社を設立する場合に比べ、日本支店の法人住民税額が高額になる。
・資本金500万円の日本支社の場合の法人住民税均等割額は7万円 
・本国の法人の資本金が25億円の日本支店の場合の法人住民税均等割額は95万円
②事業税の外形標準課税
⇒本国の法人の資本金が1億円を超える場合、外形標準課税が発生する。
・本国の法人の資本金が25億円の日本支店の場合の外形標準課税(資本割額)は約500万円
つまり、
日本支社の場合、赤字の場合の税金は7万円で済むのに対し、
日本支店の場合、赤字の場合の税金は約600万円かかってしまいます。

Q日本で会社を設立する場合、株式会社(KK)と合同会社(GK/LLC)ではどちらがいいでしょうか?

A合同会社は株主=役員となります。また合同会社は株主総会がありません。したがってガバナンスが聞いていない小さい会社向けであるため、会社の事業の拡大・発展を目指すのであればやはり株式会社をおすすめしております。なお合同会社は定款の認証がないので設立が少し早く費用も安く済むメリットがあります。

Q日本で会社を設立する際に定める事業目的は何個くらいがいいでしょうか?

A実際に行いたい事業であれば何個でも構いません。ただしあまりにも数が多いと主たる事業が何かわかりずらくなるため10個くらいにまとめることをお勧めしております。

Q日本での会社設立の期間はどのくらい見ておけばよろしいでしょうか?

A設立する情報がすべて確定できてから、おおよそ2~4週間くらいかかります。登記簿謄本(全部履歴事項全部証明書)を取得するまでにはさらに1週間くらいかかります。ただし、特急でサポートをすることも可能ですのでご相談ください。

6.経営管理ビザ(在留資格)等について

Q外国人が日本で会社を設立するにあたっての注意点を教えて下さい。

A「人文知識・国際業務」「企業内転勤」「技術」「技能」「家族滞在」などの活動に制限のある在留資格を持っている外国人の方の場合は、日本で会社を設立し経営者になる場合には、今までの在留資格から「投資・経営」の在留資格に変更する必要性が出てきます。日本で会社を設立すれば、外国人の方が必ず経営者のビザが取得できるわけではありません。会社は設立できたが、経営者のビザ(経営管理ビザ)は取得できないという場合もあります。このように日本においては会社を設立できることと在留資格が認められることは全く別ですので、外国人の方で日本に会社を設立して事業をしたいと考える場合は、ビザの事も考えて手続きを進めましょう。外国人の方が、日本で会社設立をするのであれば、やはりこの経営管理ビザ(投資経営ビザ)を取得することは避けて通れません。

Q日本で会社を設立したいのですが、現在の就労ビザから経営管理ビザ(投資経営ビザ)に変更できますか?

A外国人の方が経営管理ビザ(投資経営ビザ)への変更申請を行うには、実際にビジネスが稼動する状態にしてから申請する必要があります。そのため、まず日本で会社を設立し、各種届出や社員の雇用をし、取引先の選定などを済ませた状態で在留資格変更の申請を行う必要があります。この間の作業は現在お持ちの就労ビザのままで行うしかありませんので、できるだけ早く状況を整え、速やかに経営管理ビザ(投資経営ビザ)に変更する必要があります。計画的に行動すれば日本での会社設立から営業開始まで1~2ヶ月程度ですすめることが可能です。弊事務所では外国人の方の日本での経営管理ビザ(投資経営ビザ)取得において様々な許可取得事例がございます。経営管理ビザ(投資経営ビザ)取得でお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

Q外国法人の子会社(支店)の代表になりますがビザ(在留資格)に関してどのようなオプションがありますか?

A代表取締役(日本における代表者)の場合で、日本にご家族がいらっしゃらない場合、経営管理ビザ、企業内転勤ビザが一般的な在留資格のオプションとなります。

Qビザの申請のためには学歴として大学卒業は必要でしょうか?

A学歴はビザ審査時の一つの要件とはなりますが、職務経験で補うことが可能です。

Q経営管理ビザ取得までの審査期間について教えてください。

A入国管理局にビザ申請をして平均3ヶ月~4ヶ月ほどでビザの許可、不許可の判断が下されます。ただし、入国管理局側の事情によって審査期間が左右されるので6ヶ月ほどかかったケースもございます。

Q経営管理ビザを申請する際の事務所はバーチャルオフィス等でもよろしいでしょうか?

A事務所に関しては審査基準が定められており、安定した事業を営むに足りる広さを確保されていなければなりません。従ってバーチャルオフィスでは許可は下りません。具体的な安定した事業を営むに足りる広さに関しては、個別に異なってきますので事業内容等を聞いたうえでご相談させていただきます。

7.会社設立後の手続きについて

Q日本で会社を設立した後には法人名義で銀行口座を開設することになると思います。開設した銀行口座のインターネットバンキングを海外から操作することはできますでしょうか?
Aこちらは原則おすすめしておりません。また日本の銀行のインターネットバンキングは基本的にはすべて日本語ですので日本から操作をできるようなオペレーションを構築すべきです。

Q日本で会社を設立した後は、どうすればいいのですか?

A日本で会社を設立した後は、次の作業が残っています。
・税務署への届け出
・道府県税事務所または地方事務所への届け出
・市区町村役場への届け出
・社会保険事務所への届け出
・労働基準監督署
・ハローワーク
これら、煩雑ではありますが弊事務所がお引き受けすることが可能です。

Q日本進出後に残念ながら日本から撤退する事となった場合、その撤退のサポートもできますか?

Aはい、サポート可能です。日本支社、日本支店共に、解散申告及び解散登記が必要となります。または、株式会社や合同会社の場合、会社を売却するという方法もあります。

8.汐留パートナーズについて

Q汐留パートナーズの日本での外国人会社設立の無料相談について教えて下さい。

A弊事務所ではこれから日本で会社の設立をお考えの外国人の方々に無料相談を承っております。これから日本で起業されたいという外国人のお客様と直接お話をして、お客様が直面されている疑問や不安、問題点に対してどういうプロセスを経れば日本での会社設立や事業活動が成功するか、お客様の想いが実現されるかを一緒に考え、最善の方法を提案いたします。弊事務所の専門スタッフにお客様の想いや疑問点などをお聞かせ下さい。

Q汐留パートナーズへの会社設立費用の支払方法はどうなっていますか?

A弊事務所指定の銀行口座にお振込みいただきます。費用の大部分が登録免許税等の法定費用であるため前払いにてお振込みをお願いしております。振込先の口座は、個別にご案内させていただいておりますが、海外送金手数料などの振込に関する費用についてもすべてご負担をお願いしておりますが何卒ご了承ください。

Q本店所在地とする事務所(不動産)を探しているのですが汐留パートナーズから紹介してもらえますでしょうか?

A弊社が直接的物件のご紹介はしておりませんが、提携している不動産会社をご紹介させていただき、一緒に探していくお手伝いができますのでご安心ください。

Q汐留パートナーズのバイリンガルサービスの内容について教えてください。

A汐留パートナーズには英語や中国語が堪能なバイリンガルスタッフが在籍しております。日本においてはバイリンガルな人材が非常に不足しており、お客様には大変なご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、日本語以外の言語によるサポートについては別途報酬を頂戴しております。あまり諸外国では見慣れないサービス化と思いますが、日本人の慢性的なバイリンガルスタッフの不足、日本のビジネスの慣習ゆえご理解いただけましたら幸いです。なお業務内容に応じてバイリンガルサービスの報酬をお見積もりさせていただきます。




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズ株式会社
  • 汐留パートナーズ税理士法人
  • 汐留パートナーズ法律事務所
  • 汐留社会保険労務士法人
  • 汐留行政書士法人
  • 汐留司法書士事務所
  • 汐留海事法務事務所
  • 汐留特許商標事務所
  • 汐留プロパティ株式会社
  • IFRS支援
関連サービス
  • 日本進出支援.com
  • 香港進出支援.com
  • インド進出支援.com
  • シンガポール進出支援.com
  • ハワイ進出支援.com
  • 国際税務.com
その他関連サービス
  • 汐留カフェ&ダイナー em
  • 東京汐留相続サポートセンター
  • Amazon Service Provider
  • One-stop Outsourced Accounting & Law office
  • 納税管理人&出国税
  • 法人保険・節税対策のことなら株式会社汐留総合研究所
  • 芸能人・スポーツ選手の為のプライベート税務顧問サービス
  • 汐留米国公認会計士事務所


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧