TOP >[日本語記事] > 外国人が日本で生活する時に知っておくべきこと(初級編)

外国人が日本で生活する時に知っておくべきこと(初級編)


私の知人やお客様には日本に移住している方や、国際結婚をしている方がたくさんおります。本日は外国人が日本で生活するために必要なことについて、初級編ということで簡単な概要のご紹介をさせていただきます。各論は今後随時ご紹介させていただきます。

なお、「ビザ・在留資格についてすぐにでも直接・具体的に相談をしてみたい!」という方は、「ビザ専門の汐留行政書士法人」が日本語・英語・中国語無料相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

1.外国人が日本に滞在する在留資格

日本を旅行するだけで観光ビザしか持っていない外国人の場合は3ヶ月以内の滞在に限られます。もし仕事で3ヶ月以上滞在するのでしたらビジネスビザを取得する必要となります。その場合スポンサーとなる雇用主の証明と共に入国管理局よりビザ発行されることとなります。これには各種在留資格がございますので、その中から適切なものを選択することとなります。

外国人本人の配偶者が日本人で配偶者と共に日本に居住する場合には、入国管理局で配偶者ビザを申請しなければなりません。その場合には結婚証明書や銀行の残高証明も必要となります。

2.日本に滞在する外国人の家族ビザ

ビジネスビザの場合そのビザのコンディションが家族にも適用されることとなります。原則として雇用主がスポンサーしている限りビザは継続し滞在できることとなりまして、配偶者も仕事ができますし、子供も学校へ行けることとなります。配偶者も仕事ができるというのはとても良い条件だと思います。

3.外国人の日本へのオーソドックスな移住方法

私どものお客様では経営管理ビザ(投資経営ビザ)やその他就労ビザにより日本に在留して、しっかりと日本で仕事をして納税の実績を積み、一定の年数を経てその後永住権を申請・取得するという方が多いように思えます。
また、日本人と結婚することによりもっと早く永住権がもらえるケースがアあります。ただ、「移住のために結婚する」というような話はあまり現実的ではないと思いますが、私が以前関係していた中華料理店では、従業員の中国人女性が、日本人男性と結婚した後に、連絡がつかなくなっているという事象が頻繁に発生しているとのことでした(コワイ・・・)。

4.外国人が日本で人脈を広げる方法について

外国人がよく集まる場所に行くと母国語の友達に出会えることでしょう。そのようなコミュニティとしては、例えば東京の新大久保のようなコリアンタウン、横浜の中華街のようなチャイナタウンなどが代表的です。

また、私の外国人の友人はスポーツバーに通ったり、あるいは、国際交流の盛んな大学のサークル等に所属しております。また、各市町村などの自治体にある国際交流センターのスタッフなどと交流をしている様子も見受けられます。
ただし、ビジネスという視点ではまた別のコミュニティへの参加が必要かもしれません。

5.外国人の日本での賃貸物件探し

もちろん外国人でも日本でアパート等を借りることはできます。ただし、銀行の残高証明が必要となったり、家賃1年分の前払いが必要となったり条件はいろいろ厳しいのが現状です。基本的に母国での直近の収入は残高証明にならず、日本に貯金がどれくらいあるか証明しなくてはいけないのですが、これはなかなか大変なことです。

日本では。海外での外国人の方のクレジットヒストリー(信用履歴)を評価しないという慣習があります。実質的に外国人の海外でのクレジットヒストリーを評価することは難しいため、一部の富裕層を除き画一的に評価しないということになっているようです。したがって、身元引受人のような日本人も必要となり、個人で誰も日本で宛てがなく借りる場合には保証会社を利用する必要があります。

6.外国人の日本での不動産購入

外国人でもお金があればもちろん日本の不動産を購入できます。わたしどもの外国人のお客様も日本にマンション、ビルなどをお持ちの方々がたくさんおります。不動産購入の契約手続き等に関してはすべて日本語となるのである程度の日本語力が必要となります。もし不安な場合には、適宜通訳を雇う必要があるでしょう。

一点共通して言えることは、上述の通り外国人の方々は日本でのクレジットヒストリーがありませんので、不動産を担保としたローンでさえもなかなか審査に通りづらいという実情があります。したがって、ほぼすべての外国人のお客様はキャッシュで借入金なしに不動産を購入されていらっしゃいます。これは本当にすごいことで日々感心してしまいます。「お金を借りたら金利がかかっちゃうでしょ?」と言われたときにはしびれました。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧