TOP >外国人のビザ・在留資格 > 中国人親族の来日ビザの申請方法

中国人親族の来日ビザの申請方法


日本で仕事をしている中国人は、ご自身が招聘人及び身元保証人となり、親族を日本へと呼ぶことができます。そしてその場合、親族は最長3か月間、日本に滞在することができます。そのためには親族訪日ビザが必要となります。本日は親族訪日ビザの取得の方法についてご紹介いたします。これから中国人の親族を日本へ呼びたいと考えている方は是非参考にしていただければ幸いです。

1.中国人親族の来日ビザの申請と招聘人・身元保証人

招聘人とは、親族を日本に呼びたい中国人のことをいいます。また、身元保証人とは招聘人を保証する人のことをいいます。招聘人が仕事をしていて収入があれば、自身が身元保証人になれます。これを踏まえて以下の必要書類を揃えます。

(1)身元保証人の必要書類

・身元保証書(書式あり)
・住民票(世帯全員分で続柄記載があるもの、記載に省略なしのもの)
・在職証明書
・総所得が記載された「課税証明書」「納税証明書(様式その2)」又は「確定申告書控の写し(税務署受理印のあるもの)」のいずれか1点
・有効な在留カード(特別永住者証明書、外国人登録証明書)表裏の写し ※外国人の方

(2)招聘人の必要書類

招聘人が身元保証人の場合、次の書類が必要になります。

・招聘理由書(用紙あり)
・滞在予定表(用紙あり、自分で作っても良し)

招聘人と身元保証人が違う方の場合、次の書類も追加で用意します。

・在職証明書
・課税証明書
・有効な在留カード(外国人の方のみ)
・パスポートコピー(親族関係証明用)

以上が、日本側で用意するものです。次に、中国側で用意するものについて見ていきましょう。

(3)申請人(中国人親族)の必要書類

・ビザ(査証)申請書、用紙あり

・写真(※6か月以内に撮影したもの)

・パスポート(旅券)

・戸口簿写し

・居住証又は居住証明書、要は身分証明書。

・在日親族又は知人との関係を証する書類
(親族なら関係公正証書、知人なら招聘人と一緒に写っている写真など)

以上の必要書類を全てそろえて、中国の親族が住んでいる場所を管轄する日本国大使館・領事館に提出をします。ただし、中国の場合、個人が直接大使館や領事館に書類を提出することはできません。必ず代理申請機関を通じて書類を提出する必要があります。この代理申請機関には仕事がいい加減な人もいますので、信頼できるところを選ぶことをお勧めします。

2.中国人親族の来日ビザの申請において注意すべき点

中国人親族の来日ビザの申請においては、書類提出以外にも注意すべき点があります。ここでは、いくつかの注意点についてご紹介いたします。

妊娠や出産が理由で家族を日本に呼ぶ場合、妊娠していることの証明が必要です。妊娠中なら病院で発行してくれる妊娠証明書の原本、出産後なら母子手帳のコピーを提出します。

ビザ申請してから承認されるまで約二週間前後かかります。余裕をもって申請することが重要です。ビザが無事に承認されたからといって油断せず、まずはビザの期限を確認しましょう。ビザがおりてから、3か月以内には来日しなければなりません。3か月を過ぎると無効になります。また、ビザ申請に200元かかります。その他、代理申請機関への手数料も発生します。金額については各代理申請機関に確認しましょう。

申請人が若かったり仕事をしていない場合、日本での不法就労の可能性ありとみなされてビザが認められない場合もあるようです。滞在予定表を具体的に、来日する目的を明確に書くことが重要です。

必要書類さえ揃えれば、申請自体は代理申請機関にお願いするだけなのでそんなに難しいことではありません。ビザか承認されれば、最長3か月間、日本に滞在することができます。これから家族を日本に呼びたいと思っている方の参考になれは幸いです。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧