TOP >[日本語記事] > 帰化と永住の特徴や注意点について

帰化と永住の特徴や注意点について


日本に長く生活してきて、そろそろ帰化か永住の取得を検討しようと考えている外国人の方は多いと思います。国内経済の背景から見ても、外国からの人材受け入れを積極的に行う企業も増えてきており、今後も日本に在留しようとする外国人の方は増えていくのではないでしょうか。そこで本日は、日本に長く住むためのポイントとなる「帰化」と「永住」について紹介します。

1.帰化と永住の違いについて

帰化と永住で大きく異なるポイントは、「国籍の違い」です。帰化が許可されれば元の国籍は喪失して新たに日本国籍を取得し日本国民となります。一方、永住では、国籍はそのままで在留資格の更新は必要なく、日本に在留することができます。

さらには他の在留資格とは異なり、日本での活動において制限がないため、多くは日本人と同様の活動ができるといえます。

2.帰化の特徴と条件について

帰化することで、選挙権の取得など日本人と同じ権利を受けられます。また、公務員の仕事に就く事もできますし、就職などにおいても国籍を気にする必要もありませんので、まさに日本人として生活することができます。

日本人としての生活を希望される外国人の方にとって、帰化するということは憧れと考えてもいいかもしれません。ただし、帰化するためには一定の条件があります。
その条件とは、年齢が20歳以上であり、日本国の法律においても成人と認められている必要があります。

ただし、家族揃って申請する場合に未成年の子供が家族に含まれる場合はこの要件は問われません。また、帰化申請時まで日本に5年以上引き続き住んでいることも必要です。

さらには、これまでの納税状況や犯罪歴の有無、社会に対しての迷惑行為の有無などの素行状況や、生活に困窮することなく安定した生計を立てて暮らせるかどうか、一定の日本語能力の要件を満たしているかどうか、そして元の国籍を喪失することなどあらゆる条件をクリアすることが求められます。

3.永住の特徴と条件について

永住では、国籍を変更する必要はないため、国籍を喪失することがありません。また、在留期間や活動においては制限されないため、職種を気にすることなく就労することができたり、面倒な在留期間の更新を行わなくても良いということがあげられます。

そして、万が一母国に帰国する状況になった時でも、国籍はもとのままですので安心感があります。一方で、外国籍となるため、選挙権を得ることはできません。

そして永住権を取得するためには、日本に在留している期間が設けられています。基本的には継続して10年以上在留、さらにそのうち引き続き5年以上の就労資格又は居住資格をもって在留していることが条件となっており、他の在留資格と比べて条件は厳しくなっています。

その他にも、定住者からの申請や日本人・永住者又は特別永住者の配偶者等からの申請では条件が緩和されている点もポイントになります。

一方、注意したいのが永住ビザを取得しても再入国許可を取得せずに、1年を超えて日本を離れた場合は永住権が取消されます。また、犯罪などによって永住権が取り消されることもあります。帰化や永住、いずれも社会的信用度が上がるなど、日本国内で生活するために有利となります。

それぞれの特徴をしっかり理解した上で、申請することが大切となります。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧