TOP >[日本語記事] > 「在留カード」の概要とルールについて

「在留カード」の概要とルールについて


本日は、外国人にとって必須アイテムの「在留カード」の概要とルールについて紹介します。

1.在留カードは中長期在留者に必須の物

在留カードは、中長期在留者に必ず交付されるもので、それにより日本側が在留者の情報を定期的に把握するという目的があります。

このカードは、持っているだけで市町村のサービスを受けることができたり、様々なことへの許可証になります。

2.在留カードの有効期限と記載内容

有効期限は、年齢と永住者であるかどうかで変わります。

16歳以上の永住者は交付から7年、16歳未満の永住者は16歳の誕生日が過ぎるまで、永住者以外は、在留期間の満了日、16歳未満ならば、16歳の誕生日までが有効期限です。

在留カードに書かれている内容は、氏名、生年月日、性別、国籍、住所、在留資格、在留期間、在留期間の終了日、許可の種類とその許可に関する年月日、在留カードの番号、交付年月日、有効期間の満了日、就労制限の有無、資格外活動許可を受けている場合はそれが書かれています。

3.在留カードに関わる様々なルール

有効期限があることから分かる通り、在留カードについては様々なルールが規定されています。

(1)常時携帯義務

常日頃から注意しなければならないこととしては、在留カードの常時携帯義務というものがあります。本来は旅券携帯義務なのですが、在留カードがあれば、その在留カードを携帯することで免除されます。

本来は持っていなければならない旅券を持たずに、それを在留カードで代用するということなので、必ず持っていなければならず、違反した場合には20万円以下の罰金が科せられます。

こちらの義務は16歳未満の外国人は免除されます。また、在留カードに書かれている内容が変更される場合、例えば住所の変更であったり、就労ビザによって、所属機関が変更するような場合などにおいては、その変更の旨を届け出なければならないので注意しましょう。

(2)在留カードの更新

また、在留カードの中で決して忘れてはいけないのが、在留カードの更新です。在留カードは有効期限が切れたら更新をする義務があります。

更新をするのは在留カードの有効期限の2か月前から期限の満了日までで、更新の申請を行う必要があります。

また、紛失をしてしまった場合は、紛失を知った日から14日以内に再交付を申請する必要もあります。また、在留カードの更新を行うと、これまでに使っていた在留カードは一度送った後に新しいカードと共に穴をあけて返却されます。

返却されたカードについては、きちんと保管をしておくことをおすすめします。その在留カードが自身の在留歴を表示する資料として使われるので、必ず保管をしておいた方がいいでしょう。

もしも、更新や紛失の際の再交付を行わなかった場合には、1年以下の懲役、または20万円以下の罰金に処せられます。こちらも厳しい処罰となっています。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧