TOP >[日本語記事] > 在留資格「教授」とは?

在留資格「教授」とは?


今日は、在留資格「教授」についてご紹介します。

1.教授ビザとは

教授ビザは日本の大学や、それに準ずる機関、高等専門学校にて研究の指導、教育活動をする就労ビザです。教授ビザの在留期間は5年、3年、1年、または3ヶ月の4種類が規定されています。

教授ビザの申請書類としては、就労ビザとして必要なパスポート、ビザ申請書が1通、写真が1葉、在留資格認定証明書の原本とコピー1通ずつが必要です。中国籍の方の場合は、戸口簿の写しと暫住証か、居住証明書が必要となります。

また、教授ビザの場合には受け入れ機関との雇用所の写し、受け入れ機関からの辞令の写し、採用通知の写しと招聘理由書が必要となります。

2.教授ビザで行うことができる活動

教授ビザで行うことができる活動は、日本の大学、短期大学、専門学校の学長や教授などで、研究、または研究の指導や教育をする就労活動です。

就労活動としては、それ以外のことは教授ビザでは行うことはできません。

その他の留意点としては、教授ビザを取得して研究や教育活動を行うことができるのは、日本の大学、大学共同利用機関、大学入試センター、学位授与機構、水産大学校、海技大学校、航海訓練所、航空大学校、海上保安大学校、気象大学校、防衛大学校、職業能力開発大学校、航空保安大学校、職業訓練短期大学校、または高等専門学校です。

これらにおいて、教授や講師として、または学長や校長などとして、研究や教育活動を行うことがこのビザの取得の条件となります。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧