TOP >[日本語記事] > 正式な国際結婚と偽造結婚の違い及び日本における現状について

正式な国際結婚と偽造結婚の違い及び日本における現状について


偽装結婚には様々な定義があるものの、外国人による偽装結婚は永住権を獲得するために行われます。本日は、偽装結婚について紹介します。

1.偽装結婚と永住権

永住権を取得し、その国で生活することを望んでいるためにこのような選択肢をチョイスする外国人は、犯罪などにより社会の秩序を乱すことが目的ではありません。そのため大きな問題を引き起こすことは滅多にありません。

しかし日本では、一定の基準を満たした外国人にのみ与えられるはずの永住権をこのような形で獲得することは不正に当たるとし、偽装結婚防止のためにたとえ日本人と外国人が正式な婚姻届を提出したとしても、入国管理局によるチェックが行われます。

では正式な国際結婚と偽造結婚の違い、そして日本における現状について見てみましょう。

2.正式な国際結婚と偽装結婚の違い

まず両者に共通していえることは、どちらのケースも婚姻届がきちんと提出されるということです。正式な国際結婚とは結婚後に夫と妻が家庭を持ち、共に生活することです。

しかし偽造結婚の場合、書面上では夫婦となっているものの生活は全く別々であり、夫と妻が別の場所に住んでいることがあります。このような状況が入国管理局によって見つけられた場合、それは偽装結婚とみなされます。

もちろん正式な国際結婚をしていても、一時的に夫婦が別々に生活しなければならないこともあります。そのため調査は慎重になされるものの、偽装結婚が明らかになった場合は配偶者となった外国人に永住権が与えられることはありません。

その一方で永住権獲得のための偽装結婚ではあるものの、婚姻届を提出した後に日本人とその外国人の配偶者とが一緒に生活していることがあります。

そのような場合は偽装結婚であるという認定が困難であるために、この状況を利用して永住権を獲得して働き続ける外国人がいます。

3.偽装結婚の手助け

当然のことながら偽装結婚は罪に値します。そのため摘発されたときのことを考え、日本人が外国人の永住権のために偽装結婚に関わることは少なくなりました。

現在、偽装結婚を行うためのターゲットとなっているのは永住者や定住者です。永住者とは日本における永住権を与えられた外国人で、その配偶者にも永住権が与えられます。また定住者は一定期間の日本滞在が許可されている外国人のことで、定住者の配偶者にも日本滞在許可が与えられます。

永住者や定住者にお金を払い、偽装結婚を申し込んで日本で働く外国人が増えているのです。当然のことながらこれは貧しい生活を送っている外国人が取る手段の一つであるために、中には同情する日本人もいます。しかしながら、偽装結婚は犯罪であり絶対に関わってはいけないものです。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧