TOP >[日本語記事] > 外国人投資家から見た東京の不動産マーケットとは?

外国人投資家から見た東京の不動産マーケットとは?


本日は、外国人投資家から見た東京の不動産マーケットについて紹介します。東京は、日本で最も投資がしやすいとされている地域であり、外国人の投資家からも注目されているます。一方で、世界中の主要都市と比較して東京が無条件に投資対象エイアとなるかというと、そうでもないようです。本日は外国人投資家から見た東京の不動産マーケットについてご紹介します。

1.もっと投資のできる国がある

(1)外国人投資家が投資する国とは

外国人投資家が投資を考えていく時には、その国・地域の経済発展が進んでいき不動産の価値が上昇するだろうと思われるところを選択することになります。投資する国や地域を考えていく時に、これから経済が発展して、不動産の価値を高めてくれることが予想されないと、なかなか投資対象とはなりません。

日本は先進国として既に経済的に発展を遂げており、東京はその中でも一番大きな都市ではありますが、一方で他の国に先進国や新興国でも投資対象となる魅力的な都市・不動産もあります。

(2)外国人投資家にとっての日本の位置とは

日本はもう少しは伸びるという期待はもてるかもしれませんが、短期間に大きなキャピタルゲインを得られるほどには急激な伸びは期待できないと思われているので、投資を積極的に行うかといわれるとそうではありません。

ローリスク・ミドルリターンというところでしょうか。投資金額としてはあまり多くの金額ということにはならず、不動産投資とあいまって円資産を保有したいというニーズもあるようです。円は世界的には不況に強い通貨であると言われています。

2.大きなイベントまで待ちたい狙いがある

急激に不動産価格が上昇するかどうかは、色々な要素があるものの大きなイベントの開催は要因の1つとなります。日本への不動産投資で成功したいと思っている外国人は常にそのようなタイミングをうかがっております。

東京は2020年に東京オリンピックを控えているので、そのために作られる施設などの建設場所等によって、日本への不動産投資をすることが望ましいか否かを判断したいという観点もあろうかと思います。

3.高額マンションは購入しやすい?

(1)外国人投資家の日本への投資のタイミング

香港やシンガポールのような国だと、あまりに不動産価格が高騰して大金を出さないと不動産を購入すること自体ができなくなっていますが、東京はまだ相対的にですが、安いマンションも存在するため外国人には魅力的であるようです。

とはいえ、東京オリンピックの影響で東京の不動産価格も上がってきておりますので、東京都心では表面利回りが3~4%の物件が中心となっており、利回りとしてはだいぶ低下しております。中国人が爆買いしていた時期から比べると2016年8月現在の感想としてピークアウトしてきているかもしれません。

(2)今後の外国人投資家の東京への注目度

上述の通り、2016年8月時点の私の感想として不動産価格は頂点を超えて下ってきているのではないかと感じます(もちろんエリアによりますが)。ただし、ローリスク・ミドルリターンの投資エリアであることは間違いないので、今後も一定の外国人投資家は東京の不動産を投資対象としてくることでしょう。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧