TOP >[日本語記事] > 外国人が日本で理髪室・美容室を開業する方法と許認可について

外国人が日本で理髪室・美容室を開業する方法と許認可について


本日は外国人が日本で理髪室・美容室を開業する方法と許認可についてご紹介します。

1.理容師免許・美容師免許

日本で、理髪店や美容店を開業するためには、まずは理容師免許・美容師免許を持っていなければいけません。

しかし、もしも経営者自身が理容師免許あるいは美容師免許を持っていなかったとしても、理容師免許・美容師免許をを持っている人材を雇用したのであれば、理髪店や美容店を開業することが可能です。

法律上では、理髪店と美容店は区別されておりまして、理髪店は理容の業を行うための「理容所」と呼ばれ、こちらを理容室、床屋などと呼ぶことが多いです。

2.理髪店・美容店の開業のための免許と届出

理髪店・美容店では、衛生的にその施設を管理するため、管理理容師、管理美容師を置かなければなりません。また、事前に届け出書を提出しなければなりません。こちらは、所在地とされる都道府県知事に提出が必要であり、保健所を設置している場合には、その市長に提出する形になります。

その後すぐに営業を開始していいというわけではなく、その後構造設備に関しての検査、確認が必要とされます。建物の構造設備が、一定の衛生基準を満たしていなければならず、この確認がなければ使用することはできません。

こちらの基準に関しても細かく定められておりまして、この衛生基準を満たしているかどうかの検査・確認が終了すると、ようやく営業を開始することができます。

補足として、理容店の場合には「理容院開設届」を開業予定日の1週間前まで保健所へ提出、美容店の場合には「美容院開設届」を開業予定日の1週間前までに保健所へ提出することが必要となります。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧