TOP >[日本語記事] > 外国人留学生等のアルバイト雇用と週28時間の時間制限

外国人留学生等のアルバイト雇用と週28時間の時間制限


最近は、コンビニの店員さんやファミレスのウェイターさんなど、本当に外国の方がアルバイトしているのをよく見かけるようになりました。本日は、日本に来ている留学生のアルバイト雇用の流れについてご紹介します。

なお、「ビザ・在留資格についてすぐにでも直接・具体的に相談をしてみたい!」という方は、東京入国管理局の申請取次行政書士の松村麻里が代表をつとめます「ビザ専門の汐留行政書士法人」のホームページからも日本語・英語・中国語無料相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

1.外国人留学生等のアルバイト雇用の前に確認すべきこと

外国人留学生等のアルバイト雇用については、出入国管理及び難民認定法にそのルールが定められています。

もし地元の大学などに通っている留学生さんがバイトの面談にやってきたとします。その場合、何よりも大切なことは、この学生さんが日本で滞在を許可されている在留期間をオーバーしていないかどうか(オーバーステイではないかどうか)を確認することです。

必ず在留カードやパスポートの上陸許可証印で確認しましょう。なお在留カードについては、旅行など3か月以下の滞在、出張など外交や公用目的の人、日本人と結婚するなどした特別永住者、不法入国者以外の外国人には必ず交付されているはずです。

もしはっきりしない場合は、お住まいの近くの地方入国管理局にチェックをしてみるくらい念入りに確認しましょう。

2.就労しようとしている仕事内容についての確認

そして、就労しようとしている仕事内容が、外国人留学生の在留資格に含まれる内容であるかどうかも確認しなければなりません。例えば、スナック・キャバレー・ラウンジ・バーなど、お客と同席しお酒を振る舞うなどのサービスを行う類の業種、パチンコ・麻雀店などの賭け事を行う業種、性風俗店などの業種では、外国人留学生等を雇用することはできません。また、接客でなく掃除・レジなどの会計・調理や皿洗いなどの裏方業務を担当する場合でも雇用することはできません。

3.外国人留学生が資格外活動の許可を受けているかの確認

また、その外国人留学生が資格外活動の許可を受けているかどうかを確認することも必要です。資格外活動の許可は、元々の在留資格の活動(留学生さんだったら、大学での勉強が第一目的です。)に影響が出ない範囲で入国管理局から与えられます。

パスポートに許可証印が押してあるかどうか確認する、または「資格外活動許可書」の提示を求めましょう。この3点が確認できた場合に限り、原則として1週間のうち28時間まではアルバイトのシフトに入ることができます。

4.原則1週間28時間の時間制限がある

外国人留学生は、要件を満たした場合につき、原則として1週間のうち28時間まではアルバイトとして雇用することができます。仮に毎日勤務するとしましたら、1日4時間程度です。この時間制限は、前述の学業第一という趣旨の他に、日本人の雇用を奪うことにならないようという趣旨もあります。

なお、当然のことですがアルバイトを例えばコンビニと居酒屋でかけもちするような外国人留学生の場合、コンビニで1週間に28時間、居酒屋でも1週間に28時間働けるというわけではなく、コンビニと居酒屋合わせて1週間に28時間です。外国人留学生を雇用する際には、併用して何かアルバイトをしていないかも確認する必要があります。

例外としては、専門学校や大学等が夏休み・冬休みなどで長期に渡り休みの場合は、1日8時間までバイトが可能です。留学先でのアルバイトは語学が飛躍的に伸びる良い経験になるので、外国人留学生も積極的にアルバイトをしたいと考えているようです。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

▼ビザ専門の行政書士「汐留行政書士法人」のホームページです。こちらもご覧ください。
visa-support.net

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧