TOP >[日本語記事] > バレリーナ、映画監督、小説家… 日本びいきは芸術家に多い

バレリーナ、映画監督、小説家… 日本びいきは芸術家に多い


本日は日本が大好きな外国人芸術家をご紹介します。

1.シルヴィ・ギエム

100年に1人の逸材と言われ、世界中から惜しまれながらも昨年引退したフランスのバレエ・ダンサー、シルヴィ・ギエムは日本びいきで有名です。世界中をまわる引退公演の最後の地としてギエムが選んだのは日本。日本国内十数か所を回ったツアーの最終日が12月30日。その翌日の大晦日、年越しカウントダウンで本当にこれが最後の『ボレロ』を踊る姿がテレビで生中継されました。ご覧になった方、覚えておられる方は多いと思います。

日本びいきのダンサーは多くいますが、ギエムのそれは単なるお愛想ではありません。2011年の東日本大震災の後、原発事故への不安から来日をキャンセルするアーティストが続出する中、ギエムは日本でチャリティ・ガラを行い、その後被災地の人を励ましたいと東北でも公演を行いました。日本文化にも造詣が深く、コンテンポラリー・ダンスの作品に歌舞伎を取り入れたり、また、2年にわたりギエムの姿を追ったドキュメンタリー作品では、谷崎潤一郎の『陰影礼賛』について語る姿や、陶芸家の黒田泰蔵を訪れる様子が映し出されています。

2.マイヤ・プリセツカヤ

昨年亡くなった20世紀を代表するバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤも日本びいきで知られていました。旧ソ連体制下で、「闘う白鳥」と言われ自身のスタイルを貫いて踊り続けたプリセツカヤは、40回以上も来日し、バレエを踊るだけではなく、2003年には宝塚歌劇団の公演『王家に捧ぐ歌』の振付けもしています。

2011年には日本のバレエに対する貢献が認められて、旭日中綬章を受章しました。「日本は清潔で治安が良く、人々は親切」と絶賛していたプリセツカヤは、東京文化会館での公演の際、日本の観客たちが熱心にプログラムを読む姿を見て、日本人の真面目さに驚いていたという話が伝わっています。

3.アンドレイ・タルコフスキー

『惑星ソラリス』『サクリファイス』などの作品で知られるロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーも、若い頃から日本文化に傾倒した日本びいきで、黒澤明とも親交があり、黒沢明と溝口健二の影響を受けたと語っています。『サクリファイス』の主人公は、前世では自分は日本人だったと信じており、和服もどきの衣装を着たりしていて、監督自身が日本に対して強い愛着を感じていることを伺わせます。

4.ボリス・アクーニン

ロシアの小説家ボリス・アクーニンは、そのペン・ネーム「アクーニン」の語源が日本語の「悪人」であることからも明らかなとおり、日本びいき。モスクワ大学で日本研究を専攻しており、三島由紀夫、島田雅彦、多和田葉子などの文学作品のロシア語翻訳を手がけ、2007年には野間文芸翻訳賞を受賞しています。ロシア人には日本びいきが多いのか?などと思ってしまいますが、古くはゴッホが浮世絵の影響を受けたことでも知られるように、芸術家は日本びいきが多いように思います。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧